コンタクト初心者 ハードレンズ

どのレンズを選ぶ?徹底解説【ハードコンタクトレンズ編】

お客様

ハードコンタクトって、使っている人が少ないから情報が少ないな。
レンズの特徴ってどうやって見分ければいい?

そんな疑問を解消します!

この記事の内容

  • ハードコンタクトの特徴と選び方
  • 初心者にもおすすめのハードコンタクト

この記事の信頼性

使い捨てレンズの情報はたくさんあるけど、ユーザーが少ないハードコンタクトの情報を探すのは苦労しますよね。

ハードコンタクトの見分け方は、たった3つのポイントを押さえるだけで大丈夫なんです!

そこで今回は自分に合ったハードコンタクトの見つけ方をお伝えしていきます。

後半では初心者向けのレンズを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ハードコンタクトの特徴と選び方

ハードコンタクトを選ぶときに見るのはこちらの3つです。

  • 酸素透過率
  • レンズの直径
  • 球面・非球面デザイン

酸素透過率

ハードレンズは、単純に酸素透過率が高いものを選べばいいというわけではありません。

主に水分を介して酸素を届けるソフトレンズとは違い、ハードレンズはザルのようになっていて、穴の隙間から酸素を目に届けます

酸素透過率が上がれば上がるほど、この穴の数が多くなるイメージです。

イメージ図 水色の丸を酸素として見てください

もちろん長時間コンタクトをつける人にとっては、酸素をたくさん通すものを選んだほうが良いです。

ですがここで注意したいことは、普段のケアがしっかりできていないと、汚れで穴がふさがってしまい酸素を通す量が減るということです。

酸素透過率が高い
ハードコンタクト
酸素透過率が低い
ハードコンタクト
  • 酸素が届く穴の数が多い
  • 汚れがつまりやすい
  • 酸素が届く穴の数が少ない
  • 汚れがつまりにくい

せっかく酸素透過率の高いハードコンタクトを買っても、ケアができていないと意味がありません。

お客様

あんまりマメなほうじゃないんだけど、どういうのを選んだらいい?

ケアに自信が無い方は、酸素透過率が高すぎないコンタクト選ぶと良いでしょう。

高すぎない酸素透過率であれば、多少ズボラに扱っても寿命まで綺麗に使えるコンタクトだと個人的に思います。

まる

取り扱い施設が多いコンタクトでいえば、酸素透過率(Dk/L値)が43のメニコンEX、35.2のシードUV-1があげられますね。

レンズの直径

特注でサイズを変えることもありますが、8.8~9.6mmあたりが平均的なサイズで、大きくても小さくてもメリットがあります。

  • サイズ小⇒目を覆う部分が少ないので、酸素の通りがより良くなる
  • サイズ大⇒安定感がある。急な衝撃時の紛失のリスクが抑えられる

逆にデメリットもあります。

  • サイズ小⇒紛失のリスクがサイズが大きいものより高い
  • サイズ大⇒コンタクトを取るときに少し苦労するかも
まる

サイズの部分はフィッティングによっても変わりますので、経験豊富な検査員に任せてくださいね。

球面・非球面デザイン

画像出典:アイミー

非球面デザインは、角膜の形に沿ったレンズデザインになっているので、見え方もつけ心地も良いレンズです

乱視が強い人や、ハードコンタクト初めての方に特におすすめです。

なかでもアイミーのアスフェリックUVエアは、水に浮かぶほど比重が軽く、さらには非球面デザインになりますので、見え方も良くてつけ心地も軽くて人気商品になります。

こんたくとこぞう
¥3,890 (2021/12/30 19:39時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

初心者の方にもおすすめのレンズ

お客様

ハードコンタクト初めてなんだけど、慣れやすいものってある?

やわらかハードや非球面レンズは、初めての方にも装用しやすいレンズですよ!

まる

東レ(SEED)やわらかハード

画像出典:東レ

やわらかハードシリーズは、写真のように曲げても割れないくらい柔らかいです。

もちろんソフトレンズほどの柔らかさは無いので多少の違和感はありますが、他のハードコンタクトと比べれば断然楽だと思います。

近視用は3種類あります。中でもAS-LUNAは一番新しく出たもので、やわらかハードの中では唯一の非球面デザインです。

商品
ブレスオーハード


ブレスオーハード2
フィット

AS-LUNA
酸素透過率
Dk値
150150156
酸素透過率
Dk/L値
88100120
中心厚
-3.00の場合
0.17mm0.15mm0.13mm
標準サイズ9.0mm9.3mm9.2mm
デザイン球面球面非球面
価格1枚2,690円1枚3,300円1枚4,290円
Dk値:素材自体の酸素を通すかの値
Dk/L値:Dk値を厚みで割ったもの

通販では難しいようですが、コンタクトショップで購入する場合、AS-LUNAは追加料金でレンズに刻印が入れられます

使っていくうちに右と左がわからなくなってしまった!という方も多くいるので、こういった刻印を入れられるサービスがあるのはいいですね。

画像出典:SEED

メニコンの非球面レンズ

メニコンはハイスペックのハードコンタクトが豊富です。

比重も軽く先端部分も薄く作られていて、メニコンZ<ティニュー<フォーシーズンの順でつけ心地が良くなっていきます。

画像出典:メニコン
画像出典:メニコン

最近では世界初の使い捨てハードレンズフォーシーズンも出ました。

まさしく使い捨てレンズと同じ感覚で使えますので、3ヶ月使い終わる前に紛失や破損があっても金銭的なダメージがありません

商品
メニコンZ

ティニュー


フォーシーズン
酸素透過率
Dk値
163163170
酸素透過率
Dk/L値
125125不明
中心厚
‐3.00の場合
0.13mm0.13mm不明
標準サイズ8.8~9.6mm
BC変動
8.8~9.6mm
BC変動
9.0~9.6mm
BC変動
デザイン非球面非球面非球面
購入方法通常購入
メルスプラン
メルスプランメルスプラン
価格1枚7,537円月額2,310円~月額2,640円~
Dk値:素材自体の酸素を通すかの値
Dk/L値:Dk値を厚みで割ったもの

※ティニューとフォーシーズンは定額制メルスプラン専売なので、取扱施設に限りがあります。

まとめ

ハードコンタクトの選ぶポイントはこちらの3つです。

  • 酸素透過率
  • レンズの直径
  • 球面・非球面デザイン

特徴は一長一短になっていて、高性能の新しいレンズを選べばいいというわけではないので、そこが面白いですよね!

検査員に勧められて新しい種類を試してみたものの、なぜか前より調子悪いな~という時は、規格を修正して良くなる場合もありますし、そのコンタクト自体が合わない可能性もあります。

  • 酸素透過率が低いものから高いものに変えて汚れやすくなった
  • サイズが合わなくて涙液交換ができていない
  • 非球面から球面デザインに変わってブレがでた

このように様々な原因が考えられます。

ぜひ、今まで使ったコンタクトのデータをメモで書き留めたり写真に撮っておいてくださいね!

コンタクトの提案と検査がしやすくなるのでとても助かります。

使い捨てレンズの選び方についてはコチラの記事をご覧ください↓

-コンタクト初心者, ハードレンズ
-, , , , ,