小学生・中学生の近視の進み方

コンタクト初心者

こんにちは!

コンタクトレンズ販売歴10年のまると申します。

お子様がテレビを見るときに目を細めていたりしませんか?

お子様の視力が悪くなっていくことに大丈夫かな?と不安になってしまう方もいらっしゃいます。

ということで今回はお子様の視力の変化に関して記事にしていきたいと思います!

それではどうぞ!

心配になっちゃいますよね
この記事はこんな方におススメです
  • 学校健診で視力が引っかかってしまった方
  • ご両親のどちらかまたはお二方ともが近視強い方
  • お子様が物を見えにくそうにしているのが気になる方

近視はある程度の年齢まで進みます

「半年ぶりに眼科で検査をしたら近視が進んでいた」と心配される方がいます。

20歳から25歳あたりまでは近視が進むことが珍しくなく

その後は余程酷使しない限り止まっていきます。

メガネやコンタクトの度数を上げたからと言って近視が進むということはありません

まる
まる

度数を上げずに無理して見ていると、眼精疲労の原因にもなります

1.0ずつ見えていなければいけないというわけではありません。

ですがあまりにも弱い度数で慣れてしまうと、いざ遠くを見たいという時に度数をあげると

クラクラすることもありますので常に適切な見え方に合わせることは大事です。

近視が進む原因

今や小学生の7割、中学生の9割以上が近視になっているといわれています。

眼球の眼軸が伸びて近視になることと

スマホやタブレットなどの見過ぎで近視が進むことが原因として考えられます。

また、遺伝的な要因も少なからずありますので

ご両親で近視が強い方がいる場合は、お子様も近視が強くなる傾向があります。

成長期で近視が進む

近視化の多くはこの軸性近視になります。

前から光が入った時にピント位置(網膜)に当たるのが、目が良い正視の人になります。

小学生~中学生で身長が急激に伸びることで眼球も成長して眼軸が伸びます

光の屈折力は今までと変わらなくても、眼軸が伸びることで網膜に当たらなくなってしまい近視化します

環境的な要因で近視が進む

スマホなどの強い光を長時間浴びて目を酷使する場面が続くと、急激な視力低下に繋がります。

近くのものを見続けていると、脳が勘違いをして

「近くを見やすい目にしてあげよう」と目の構造を作り変えてしまうからです。

また、急性内斜視も問題とされています。

  • 物が二重に見える
  • 遠近感がつかめない
  • 立体視できない

因果関係は科学的に証明されていませんが、スマホを使用している小中高生に多くみられます

目は近い距離のものを見る時、黒目が内側に寄ります。

長時間に渡るスマホ操作はその状態を固定してしまう恐れがあります。

座ってのスマホ操作よりも、寝転がった状態でスマホを操作するほうが画面との距離が近づきますので

こまめな休息と30cm以上離した状態で操作をするようにしてください。

まずはメガネから始めましょう

今後コンタクトをするにしても、まずはメガネを1つ作るようにしてください。

コンタクトを作ったからメガネはもういらないというわけではありません

まる
まる

レンズを外して目を休ませてあげるのも大事ですし、急な炎症が起きてしまったときにコンタクトを無理やりつけるのはよくありません

最初はハッキリ見えすぎる世界にクラクラするというお子様もいらっしゃいます。

あまりにクラクラすると使いたくないと思ってしまうかもしれませんので

少し弱めの見え方に設定をして徐々に度をあげていくのがいいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

お子様のことになると心配になってしまうと思いますが

こういった知識があると心構えもできると思いますので是非参考にしてくださいね。

続編はお子様のコンタクトを考えている方に向けた記事です。

是非合わせてご覧ください!

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント