【コツを覚えたら簡単!】ソフトコンタクトを上手に入れよう

コンタクト初心者

こんにちは!
コンタクトレンズ販売歴10年のまると申します。

コンタクトの装着は怖いし、時間がかかって続けられる自信がない…とお悩みではありませんか?

今回はそんな方の為に、実際にお店でお客様にお伝えして上手に入れられるようになったコツをいくつか紹介していこうと思います!

それではどうぞ!

まる
まる

この記事はこのような人におススメです

  • コンタクトに恐怖心をお持ちの方
  • コンタクトがうまく入れられない方
  • これからコンタクトを始めようと思っている方

コンタクトを入れるのが怖い

ソフトレンズは水分を含むものになりますので、ほとんどが目に入れても痛くありません。(目やコンタクトに傷がある場合、コンタクトとの相性が合わない場合は例外となります)

恐怖心をやわらげる方法としては、まず石鹸でよく指先まで手を洗って、鏡を見ながらご自身の白目の部分を優しくポンポンと触れてみることです。

白目の部分は痛くないですよね?

指で目に触れることができると、意外とイケるかも?と恐怖心が薄れると思いますのでチャレンジしてみてくださいね!

黒目は痛いので触らないでくださいね!!

コンタクトの裏表がわからない

画像出典:MeniconMiru

レンズの端が綺麗におわん型になっていれば表、反り返っていれば裏になります。

・・・が!薄くて柔らかいレンズは正直私も判別が難しいです。

解決策としては、

  • 裏表が判別できるマークがあるレンズを選ぶ
  • レンズにある程度厚みがあり形状がしっかりしたレンズを選ぶ
  • とりあえず目に入れてみて違和感あったら裏返してまた入れる

最後のは半分冗談で半分本気です。笑

裏表が判別できるようなマークがついているのはジョンソンエンドジョンソンSEEDメニコンの一部のレンズです。

画像出典:SEED

またメニコンには、スマートタッチという表の状態でレンズを取り出すことができる1DAYがあります。

これなら忙しい朝の時間も確認不要で楽ちんですね!

画像出典:メニコン

コンタクトがなかなか入らない原因

まぶたやまつ毛があたってしまう

これが一番多い原因です。

上まつ毛のキワからまつ毛ごとグイっと上げて、下まぶたもしっかり下げましょう。

黒目が丸く全部見えるくらいまで開けてくださいね!

特に指先が濡れていると滑るのでまぶたの開きが弱くなってしまいます。

しっかり乾いた手でやってみてください。

画像出典:アルコン

形の確認

まつ毛やまぶたに当たってしまうとレンズの形が崩れます。

この形のまま入れるのはベテランでも難しいです。

必ずレンズの中央だけが指についている状態に直すようにしてください。

寸前で目を閉じてしまう

恐怖心があることも一因ですが、目にレンズを持っていくまでのスピードが速い方がいます。

スピードが速いと目に触れるときに当たりが強いので驚いて目を閉じてしまいます。

ゆっくりとコンタクトを目に近づけてくださいね。

目に入れられたのに瞬きをしたらレンズが出てしまう

kemioさんも苦戦しています。笑いすぎました

コンタクトを入れた直後は目とレンズの間に空気が入っていますので、強く瞬きをしてしまうとそのまま押し出されてしまうことがあります。

コンタクトが目に入ったらそーっと瞬きをしていただくか、目を上下左右に動かすと空気が抜けて目に密着します。

また、レンズが乾いてくると目に密着しにくくなります。

保存液に濡らして再チャレンジもいいですが、初めての方は装着液がおすすめです。

まる
まる

これは粘性もあるので密着もしやすくなりますし、乾燥や汚れも防いでくれますよ

コンタクトの外し方

外す方が簡単という方が多いですが、レンズによってはなかなか外れないものもあります。

特にアルコンのワンデーは外しにくいことで有名です。

まる
まる

わたしも外れなくて30分ほど格闘しました

そこでメーカーの方に、レンズが取り外しやすくなるコツを聞きました!

このやり方ならどんなレンズでも外せるようになるはずです。

  1. 顎をひいて上目づかいで鏡を見ましょう
  2. 瞬きを我慢してレンズを下に下げましょう
  3. 上まぶたより下まぶたをしっかり下げましょう
  4. レンズをつまむ親指と人差し指の指の腹をピッタリつけましょう

画像出典:アルコン

また、人差し指と中指の内側で取る方法もあります。

これなら爪が長くてもだいたいのレンズは外すことができます。

まとめ

いかかでした?

わたしは10歳の少年から55歳の大人までたくさんの装用練習のお手伝いをさせていただきました。

なかなか入らない方もたくさんいますがきっと大丈夫です。

1週間ほど練習すれば上手になれますからね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント