成功する視力検査のコツ!当てずっぽうでいいの?

コンタクト初心者

眼科でコンタクトの調節してもらったのになんか見えにくい・・

左右のバランスおかしい気がする!

そんな経験ありませんか?

せっかく時間を割いて行ったのに悲しい気持ちになってしまいますよね。

体調による視力の変動は仕方ないのですが、検査員との意思疎通がしっかり取れて納得できる見え方になるコツをお伝えします!

視力検査のコツ

・前日はよく眠る
・なるべく午前中に行く
・メガネ、コンタクトのデータを持っていく
・見えにくいときは無理せず申告
・悩みや希望を伝える

こんにちは、まるです!
この記事を書いた人
  • コンタクトレンズ販売歴10年
  • 眼科での検査は8年くらい
  • 得意な処方は遠近両用・カラコン

コンタクトの視力検査で失敗しない大前提

視力検査の前日はたっぷり睡眠を取ってきてくださいね!

目の疲れが少ない午前中に検査に行くのが一番オススメです。

視力検査の際に様々な表を見ることになると思いますが、どの検査でもこの3つのことを意識してみてください。

目を細めない
ピントが合う範囲が広くなってしまう
見えなければ勘で答えない
見えないのに正解してしまうかもしれない
パッと見の印象で答える
考えすぎると迷宮入りしちゃうかも!

視力検査は誰が一番目が見えるか選手権ではありません!

検査の意味を履き違えてしまうと、正しい検査ができなくなってしまいます。

そして一番重要なのは、両目での見え方です!!

あまりに左右の見え方に差があるのは良くないことですが、パッと比較した印象でほとんど差がない状態であれば問題ありません。

まる
まる

特に遠近両用コンタクトは片目だけで見るとぼやけてしまうので、両目で見た時の視力が大事です。

持ち物

全て使うかどうかは検査員次第ではありますが、私が検査をするにあたってお客様が持ってきてくれたら嬉しいリストはこちらです。

・今使っているコンタクトのデータ

・使っているメガネ

・レンズをした状態で見たいもの

 

お客様
お客様

え?でもこのデータだと見えにくいんだけど?

そんな心配をされる方もいますがご安心を!

どのデータを使っていて、それがどれくらいの視力で、その人にとってなぜ見えにくいと感じるのか。

これは検査をする上でとても重要になってくるんです。

まる
まる

お客様の使っているデータには宝物がいっぱい!と教わりました

実際にあるお客様の要望

メガネと同じ見え方にしたい

直接目の上に乗せるコンタクトと、目とレンズまでの距離があるメガネでは、全く同じ見え方にするというのは難しいのですが、ある程度近づけることはできます。

  • 遠近両用のメガネ
  • 乱視が強い方
  • 乱視の軸が斜めの方

上記に当てはまる方は、コンタクトだと満足度がやや落ちてしまうかもしれません。

メガネとは違い、コンタクトは細かく調節ができないことと鮮明度が落ちてしまいます。

まる
まる

時間が経つと見え方も慣れてくると思いますし、80点の見え方を目指しましょう

見たいものがある

これもお客様からリクエストがあったものです。

  • 楽譜を見たい
  • 試験管のメモリを見たい
  • 細かい説明書を見たい
  • コンサートで推しを見たい
  • 星を見たい

どうしてもコレを見たい!っていう方は持ち運べるものなら持ってきてくださいね。

帰ってからやっぱり見えにくいな~となると、また度数修正に行かなくてはいけなくなってしまいます。

コンタクトしていると目が疲れる

  • 老視で疲れる
  • 過矯正で疲れる
  • 乱視が矯正できていなくて疲れる
  • パソコンを長時間使うから疲れる
  • 左右のバランスが合わなくて疲れる

疲れる原因は人それぞれです。

使っているデータと生活環境を元に原因を探っていきます。

度数を下げることで解決するパターンが多いですが、「運転もするから遠くも見たい」となると他の解決策も考えなくてはいけません。

  • 遠近両用にする
  • 近くと遠くでレンズを使い分ける
  • レンズの上からメガネをする
  • 運転はレンズを外してメガネにする

費用や手間を考えて、最適なものを探っていきましょう。

まとめ:視力検査では我慢しないで!

今回は検査員の立場で、視力検査で成功するコツをお伝えしました。

少し見えにくいけど、まあいっか・・・と帰ってしまうより

見やすくなった!ありがとう!っと帰ってくれる方が、私たちは100倍嬉しいです!

まる
まる

一番は、我慢や無理をしないことです。

こちらではコンタクトショップで買おうと思っている方に、順序を説明しております。

眼科で視力検査をしたほうがいい理由についてはこちらでまとめています。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント